Entries

スポンサーサイト

アジアライブの軌跡3【黄河芸術撮影協会】

かつてはプロというか業務用でしか手に出来ないものが、今となっては多くが多くの人の手にかけられるようになりました。コンピュータ技術が大いに発展して、いわゆるプロとアマの壁がなくなった、というやつですね。音楽や編集/デザイン、映画さえも安価に作ることが可能になりました。才能があっても資金や設備が立ちはだかっていた頃とは、大違いです。...

アジアライブの軌跡2【山西省国際交流画院】

アジアライブの大きな柱は実は芸術方面です。中国山西省の現代作家が多く集って結成された「山西省国際交流画院」という機構が発足しました。実はその駐日代表がわたくしことダニエル大盛であります。ご存じなかった方のために、その実態を少々述べてみます。...

アジアライブの軌跡1【山西省社会人大学】

これまで多くの実績を叩き出してきたアジアライブですが、資料となるものがあまりないのも事実です。ということで、保存されているものを紹介します。お手元に保存されている写真等がありましたら、送っていただければ幸いです。...

アジアライブとは

亜州文化活動機構/アジアライブアジアライブとは?アジアライブ/asialiveは亜州文化活動機構とも称します。これは漢字での表記ということで意味としては同じです。中国語圏との関わりが少なくありませんので、使い分けというよりも理解してもらいやすいことが理由です。中国山西省を中心としたアジア各地との文化交流を目的とした公益性の高い団体です。現時点では任意団体ですが、法人化を視野に入れて多くの分野で活動を展開し...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。