Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://asialive.blog56.fc2.com/tb.php/80-0cc5fce6

トラックバック

コメント

[C27] どちらかといえば...

ワインボトルは注ぎ口までが長いのとボトル自体の大きさでNGですかねぇ。
焼酎瓶の方がしっくりくる感じです。
何故?と聞かれたら直感としか言いようが無いです。

[C28] なるほど

コメントありがとうございます。
大きさについては悩ましいところです。
実は角ビンのほうが非常に扱いにくい部分があります。
それはラベルを貼る際に相当な熟練が必要ということです。
丸ビンのほうが楽なのです。
  • 2009-06-07 16:20
  • ダニエル大盛
  • URL
  • 編集

[C29] 確かに...

焼酎瓶の方のラベルの角っこにしわができてますね。
そうなるとワインボトルの方でしょうか。
ワインボトルの長い首がどうもしっくりこない感じがして。
シャンパンボトルの小さいサイズがあればいいんですけど。


コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

旭日への道6【さ~てどっち?】

エリア52でも言われたことですが、食品加工については適切な殺菌が重要です。
保健所では栓の形状によって許可が必要になるかどうかの判断材料であるとの
話でした。
ということで、これまで試作してきたボトルはボツです。説明によるとポリの
キャップは破損した場合、復旧が不可能であることがネックだとか。その場合、
許可が必要だということです。キャップが打栓機でしめることも頭痛のタネで
した。安いものでも4万くらいします。
すかさず、取引先に連絡して手で締められるボトルを探してもらうことにしま
した。しかし、メーカーにもないとのこと。これはたいへん! どうしよう。
もう一つの取引先にメールしたところ、ありました。
そこでパートナーのみなさんにどちらがいいか訊いてみたいと思います。


  ボトル比較

右が従来の試作品です。帯で封をしているので判りにくいですが、いわゆる調
味料のキャップです。これが破損しないような打栓ができるように、設備に基
準を設け、保健所の許可が必要となるわけです。
真ん中と左側のボトルが今回取り寄せたサンプルです。ラベルは流用なので、
今後サイズ調整しますので、参考程度に見てください。
簡単にいえば、真ん中はワインボトルで、左は焼酎瓶です。どちらも手で締め
られるスクリューキャップです。

それではパートナーのみなさん、ご意見を賜りますようよろしくお願いします。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://asialive.blog56.fc2.com/tb.php/80-0cc5fce6

トラックバック

コメント

[C27] どちらかといえば...

ワインボトルは注ぎ口までが長いのとボトル自体の大きさでNGですかねぇ。
焼酎瓶の方がしっくりくる感じです。
何故?と聞かれたら直感としか言いようが無いです。

[C28] なるほど

コメントありがとうございます。
大きさについては悩ましいところです。
実は角ビンのほうが非常に扱いにくい部分があります。
それはラベルを貼る際に相当な熟練が必要ということです。
丸ビンのほうが楽なのです。
  • 2009-06-07 16:20
  • ダニエル大盛
  • URL
  • 編集

[C29] 確かに...

焼酎瓶の方のラベルの角っこにしわができてますね。
そうなるとワインボトルの方でしょうか。
ワインボトルの長い首がどうもしっくりこない感じがして。
シャンパンボトルの小さいサイズがあればいいんですけど。


コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。